年間行事

当寺で行われている年間行事をご紹介します。
それぞれ開始時間が異なりますので、ご確認のうえ、お越しください。

終了した行事です

『出世大黒天尊杓文字(しゃもじ)大般若祈願祭』
平成30年12月9日(日)に厳修させて頂きました。

沢山の方々の商売繁盛や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。
また、今回は遠方の北海道や岩手県からも郵便での申し込も沢山あり、誠にありがとうございました。皆様に福が訪れますように導師はじめ、職衆一丸となって謹んで御祈念させて頂きました。

    出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭

『盆供施餓鬼法要』を平成30年8月15日(水)に厳修いたしました。

ご先祖様の供養に多くのご参加ありがとうございました。

今年は猛暑のため施餓鬼棚を本堂内に設置し、その後ろに十三佛の御軸をかけて、厳かになりました。

今回も郵便でのお申し込みも多数あり、謹んで御祈念させて頂きました。

  • 盆供施餓鬼法要

盆供施餓鬼法要御本尊について

盆供施餓鬼法要御本尊について

◎釈迦三尊(釈迦如来・普賢菩薩・文殊菩薩)

目連尊者の母親が餓鬼道より救われる方法を伝授された故事により、仏教では盆供養施餓鬼のご本尊としてお祀りされます。また普賢・文殊の菩薩はお釈迦さまの教えを支えられる菩薩様として両脇に描かれております。

◎地蔵尊(写真)

お地蔵さまは、人間界と仏の悟りの世界を橋渡しをされる事を誓願された菩薩様で、この世の濁世を憂いて出現され、人間に近い慈悲のお姿で地獄に落ちている亡者までもお救いくださいます。また慈悲のお姿により、古くから子供の守り本尊として信仰されております。金剛寺では本堂にては地蔵尊像を安置し、1階座敷広間の床の間にて地蔵尊掛け軸をお掛けしてお祀りしております。

『本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭』を
平成30年4月29日(日・祝)に厳修させて頂きました。

沢山の方々の病気平癒や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。

今回も郵便でのお申し込みも多数あり、謹んで御祈念させて頂きました。

  • 本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭

庚申様について

庚申様について

「庚申」とは「かのえ・さる」つまり十干(甲乙丙…)と十二支(子丑寅…)の組み合わせによるもので、昔は月日をこのように呼びました。その組み合わせは六十通りあり、六十日に一度めぐってきます。

この庚申の日に本尊「青面金剛王」尊が出現して、人間の悪行を天界に神々・仏に対し報告し、病苦な難行をあたえるとされており、それらを防ぎ、取り除くためにこの日に庚申様を祭り祈願したとされています。

そのお姿は非常に恐ろしいオドロオドロとした憤怒降魔のお姿で、人を食らう夜叉の姿にして、悪人を食らい善人を食らわないと云われ、殊に経典には、清浄なる紐にて本尊青面金剛王に願いを込めて結べば、一切の善人衆生のあらゆる病難・苦難を封じ込め、または、婦人にあっては婦人病・下の病・夫婦和合・恋愛成就などの一切の願いを成就させるとの霊験が顕著であるとされ、その昔は女人庚申信仰が盛んであったとされています。

以上経典の説かれるように、当寺において、あらゆる病気平癒(特に癌・結核)・厄除け祈願・婦人にあっては婦人病・下の病・夫婦和合・恋愛成就などの祈願を大般若経六百巻の経典を使い、七名の僧侶が一同に気合十分な迫力ある転読加持祈祷を護摩祈祷と併せて執行いたします。

秘法割札について

写真1の状態で最初に受付でお渡しいたします。

本堂にて祈願を込めて写真2の様に札を割ります。
五色の金剛線がかかっている側のお札は大般若祈祷にて御祈願いたします。
細い側のお札は御護摩にて焚き上げ祈願いたします。

御祈願後のお札は、お持ち帰りになられて、写真3の様に、苦難封じの場合は苦難去る(本尊の御使いの猿の意味合い)の意を込めて九回結び、諸願成就の場合は御縁をいただく意を込めて(五猿の意味で)五回結びます。

お札は一年間お祀りし、その後、お寺に納めます。

  • 秘法割札 写真1

    写真1

  • 秘法割札 写真1

    写真2

  • 秘法割札 写真1

    写真3

特に病気平癒・厄除け・願望成就・縁結びのご利益をいただくことができます。

第十回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
平成30年4月8日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

■出演:桂かい枝、桂華紋、三味線/佐々木千華

■演目:桂華紋さん「道具屋」
    桂かい枝さん「胴乱の幸助」

    桂華紋さん「竹の水仙」

    中入り
    桂かい枝さん「オトナの試験」

ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

  • 桂かい枝、桂華紋
  • 『初弁財天尊鳴釜神事例祭』を平成30年2月6日(火)に厳修いたしました。

    弁財天尊鳴釜神事例祭

    本年最初の「弁財天尊鳴釜神事例祭」を厳修いたしました。多くのご参加をありがとうございました。

    「鳴釜(なりかま)」とは、金剛寺の「弁財天」尊に、病気平癒・厄除け祈願・婦人病・恋愛成就などの祈願を大般若経六百巻の経典を使いご祈祷をします。その時に釜が鳴るか鳴らないかで吉凶を知ることができます。

    弁財天尊は女性の神様ですので特に女性の皆様に御利益があり、子授祈願、安産祈願、良縁成就、婦人病祈願、心願成就の御利益をいただくことができます。

    今後のなりかまの日程が決まり次第このページでお知らせいたしますので、ぜひご参加ください。

    『初本尊庚申鳴釜神事例祭』を平成30年1月28日(日)に厳修いたしました。

    庚申様について

    本年最初の「本尊庚申鳴釜神事例祭」を厳修いたしました。多くのご参加をありがとうございました。

    「なりかま」とは、60日に一度めぐる庚申の日に金剛寺の本尊「青面金剛王(庚申様)」尊に、病気平癒・厄除け祈願・婦人病・恋愛成就などの祈願をご祈祷をし、その時に釜が鳴るか鳴らないかで吉凶を知ることができます。

    青面金剛王(庚申様)は特に病気平癒・厄除け・願望成就・縁結びの御利益をいただくことができます。

    今後のなりかまの日程が決まり次第このページでお知らせいたしますので、ぜひご参加ください。

    『出世大黒天尊杓文字(しゃもじ)大般若祈願祭』
    平成29年12月3日(日)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の商売繁盛や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。
    また、今回は遠方の北海道や岩手県からも郵便での申し込も沢山あり、誠にありがとうございました。皆様に福が訪れますように導師はじめ、職衆一丸となって謹んで御祈念させて頂きました。

      出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭

    『盆供施餓鬼法要』を平成29年8月15日(火)に厳修いたしました。

    ご先祖様の供養に多くのご参加ありがとうございました。

    今年は雨のため急遽施餓鬼棚を本堂内に設置し、その後ろに十三佛の御軸をかけることができて、厳かになりました。

    今回も郵便でのお申し込みも多数あり、謹んで御祈念させて頂きました。

    • 盆供施餓鬼法要

    『本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭』を
    平成29年4月29日(土・祝)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の病気平癒や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。

    今回も郵便でのお申し込みも多数あり、謹んで御祈念させて頂きました。

    • 本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭

    第九回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成29年4月1日(土)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    ■出演:桂かい枝、笑福亭鉄瓶

    ■演目:笑福亭鉄瓶さん「野ざらし」
        桂かい枝さん「茶屋迎い」

        笑福亭鉄瓶さん「替り目」

        中入り
        桂かい枝さん「鹿政談」

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

  • 桂かい枝、笑福亭鉄瓶
  • 『干支九星占い初級講座』を平成29年3月26日(日)に開催いたしました。

    金剛寺住職が「大現流干支九星」による九星気学に干支を加えた鑑定法を、年・月・日・時間の四つの盤で鑑定する秘法の勉強会です。

    毎月最終日の日曜日の14時より開催しております。
    ご参加につきましては開運指導と体験修行のページをご覧ください。

    『出世大黒天尊杓文字(しゃもじ)大般若祈願祭』
    平成28年12月4日(日)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の商売繁盛や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。
    また、今回は遠方の北海道や岩手県からも郵便での申し込も沢山あり、誠にありがとうございました。皆様に福が訪れますように導師はじめ、職衆一丸となって謹んで御祈念させて頂きました。

      出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭

    第八回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成28年10月23日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    ■出演:桂かい枝、笑福亭鉄瓶、三味線/佐々木千華

    ■演目:笑福亭鉄瓶さん「いらち俥」
        桂かい枝さん「子はかすがい」

        中入り/住職の法話
        桂かい枝さん「更屋敷」

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

  • 桂かい枝、笑福亭鉄瓶
  • 『本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭』を
    平成28年4月24日(日)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の病気平癒や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。

    今回も郵便でのお申し込みも多数あり、謹んで御祈念させて頂きました。

    • 本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭

    第七回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成28年4月10日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    ■出演:桂かい枝、笑福亭呂好、三味線/佐々木千華

    ■演目:笑福亭呂好さん「鉄砲勇助」「寿限無」
        桂かい枝さん「京の茶漬け」

        中入り/住職の法話
        桂かい枝さん「七度狐」

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

  • 桂かい枝、笑福亭呂好
  • うれしいご報告です。

    大黒天尊

    去る『出世大黒天尊杓文字(しゃもじ)大般若祈願祭』でご参加された方におたのしみとして年末ジャンボ宝くじ入れておりましたところ、5万円と3千円がそれぞれ当選した方と惜しくも100万円当選の番号違いがあったとのご報告がありました。

    大黒天尊は主に金運の神様ですので特に商売繁盛・心願成就・財運招福・受験合格・出世成績向上・勝負運の御利益をいただくことができます。

    2016年の『出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭』の日程が決まり次第こちらのページでお知らせいたしますので、ぜひご参加ください。

    『出世大黒天尊杓文字(しゃもじ)大般若祈願祭』
    平成27年12月6日(日)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の商売繁盛や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。
    また、今回は遠方の北海道や岩手県からも郵便での申し込も沢山あり、誠にありがとうございます。謹んで御祈念させて頂きました。

    • 出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭
      出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭

    第六回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成27年10月31日(土)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    ■出演:桂かい枝、桂雀太、三味線/佐々木千華

    ■演目:桂紋四郎さんによる一席
        桂雀太さんによる一席
        桂かい枝さんによる一席

        住職、桂かい枝さんによるトーク
        桂かい枝さんによる一席「帯久」

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

  • 桂かい枝、桂雀太
  • 「盂蘭盆会施餓鬼法要」を平成27年8月15日(土)に
     厳修させて頂きました。

    本年も多くの方のお参りを頂きました。

  • 盂蘭盆会施餓鬼法要
  • 第五回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成27年7月26日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    ■出演:桂かい枝、桂紋四郎、三味線/入谷和女

    ■演目:桂紋四郎さんによる一席
        桂かい枝さんによる一席
        中入り
        住職、桂かい枝さんによるトーク
        桂かい枝さんによる一席

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

  • 桂かい枝、桂紋四郎
  • 『本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭』を
    平成27年4月29日(水・祝)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の病気平癒や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。

    今回も郵便での申し込も多数あり、謹んで御祈念させて頂きました。

    • 本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭

    庚申様について

    庚申様について

    「庚申」とは「かのえ・さる」つまり十干(甲乙丙…)と十二支(子丑寅…)の組み合わせによるもので、昔は月日をこのように呼びました。その組み合わせは六十通りあり、六十日に一度めぐってきます。

    この庚申の日に本尊「青面金剛王」尊が出現して、人間の悪行を天界に神々・仏に対し報告し、病苦な難行をあたえるとされており、それらを防ぎ、取り除くためにこの日に庚申様を祭り祈願したとされています。

    そのお姿は非常に恐ろしいオドロオドロとした憤怒降魔のお姿で、人を食らう夜叉の姿にして、悪人を食らい善人を食らわないと云われ、殊に経典には、清浄なる紐にて本尊青面金剛王に願いを込めて結べば、一切の善人衆生のあらゆる病難・苦難を封じ込め、または、婦人にあっては婦人病・下の病・夫婦和合・恋愛成就などの一切の願いを成就させるとの霊験が顕著であるとされ、その昔は女人庚申信仰が盛んであったとされています。

    以上経典の説かれるように、当寺において、あらゆる病気平癒(特に癌・結核)・厄除け祈願・婦人にあっては婦人病・下の病・夫婦和合・恋愛成就などの祈願を大般若経六百巻の経典を使い、七名の僧侶が一同に気合十分な迫力ある転読加持祈祷を護摩祈祷と併せて執行いたします。

    『出世大黒天尊杓文字(しゃもじ)大般若祈願祭』を
    平成26年12月7日(日)に厳修させて頂きました。

    沢山の方々の商売繁盛や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。

    また、今回は遠方の北海道や岩手県からも郵便での申し込も沢山あり、誠にありがとうございます。謹んで御祈念させて頂きました。

    • 出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭

    第四回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成26年11月9日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    金剛寺らくごの会

    今回のらくご会は雨にも関わらず、満員となりました。

    出演:桂かい枝、笑福亭喬介、桂二葉

    演目:
    「雑俳」桂二葉さん
    「黄金の大黒」笑福亭喬介さん
    「私がパパよ」桂かい枝さん

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

    • 金剛寺らくごの会

    第三回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成26年4月12日(土)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    今回のらくご会は1回目は金剛寺の檀家様、2回目は一般のお客様とさせていただき、ともに満員となりました。

    出演:桂かい枝、桂文鹿、三味線/はやしや香穂

    桂かい枝さん、桂文鹿さんによるトーク
    桂文鹿さんによる一席
    住職、桂かい枝さんによるトーク
    桂かい枝さんによる一席

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

    • 金剛寺らくごの会

    第二回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成25年11月24日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    金剛寺らくごの会

    今回のらくご会は1回目は金剛寺の檀家様、2回目は一般のお客様とさせていただき、ともに満員となりました。

    出演:桂かい枝 笑福亭智之介 三味線・はやしや香穂

    1回目
    「開口一番」笑福亭智之介
    「落語」桂かい枝
    「コメディマジック」笑福亭智之介
    「落語」桂かい枝

    2回目
    「みかん屋」笑福亭智之介
    「蒟蒻問答」桂かい枝
    「コメディマジック」笑福亭智之介
    「尻餅」桂かい枝

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    次回も開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ぜひご来場ください。

    • 金剛寺らくごの会

    『本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭』を
    平成25年4月29日(月・祝)に厳修させて頂きました。

    本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭

    沢山の方々の病気回復祈願や家内安全などの祈願でのお参りを頂きました。

    また、今回は遠方の北海道や岩手県からも郵便での申し込も沢山あり、誠にありがとうございます。謹んで御祈念させて頂きました。

    写真下に映っているように護摩堂で行われていた護摩木の炎が龍の様に見えました。

    今回の大祭の模様は動画でアップしています。

    大祭の模様はこちらから

    第一回「笑いで開運!金剛寺らくごの会」を
    平成25年4月14日(日)盛況のうちに無事終了せて頂きました。

    金剛寺らくごの会

    今回のらくご会は1回目は金剛寺の檀家様、2回目は一般のお客様とさせていただき、ともに満員となりました。

    出演:桂かい枝 笑福亭喬介 三味線・はやしや香穂

    1回目
    「牛ほめ」笑福亭喬介
    「ハル子とカズ子」桂かい枝
    中入り
    「堪忍袋」桂かい枝

    2回目
    「時うどん」笑福亭喬介
    「初天神」桂かい枝
    中入り
    「お玉牛」桂かい枝

    ご来場いただいた皆様、心より御礼申し上げます。

    今後は第二回、第三回と開催していく予定でおりますので、決定次第ホームページ等でお知らせいたしますので、ご来場ください。

    今回の桂かい枝さんの高座の模様をアップしております。

    桂かい枝さんの高座の模様はこちら

    「本尊庚申鳴釜神事例祭」鳴釜体験談(至平成24年12月25日)

    12月25日、街はクリスマス一色の中、仏教徒の私は鳴釜神事に参加するためお寺へ。

    何度か体験しているけれど、鳴らないはずがないと思っていました。ご住職から鳴らないこともあるし、鳴る方が凄いこととは聞いていても実際私が体験した時は鳴らないことはなかったのです。
    今回も鳴って当たり前だと思って臨みました。ご住職が頃よく蓋を開けると「ボーッ」といつものように低く地を這うような音が本堂に響きました。

    「ほら、鳴った」鳴って当たり前やん。

    心の中でそう思いました。そしてご住職が釜を持って一人ひとりの元へ。人によっては多少の強弱があっても音が止まるということはありません。

    そして私。と、音がピタッと止まったのです!
    え~、何で止まるの…。
    私に関しては過去このようなことがなかったので、ご住職も驚かれたようで、私から釜を離されました。するとまた音は鳴り始めるのです。

    ご住職曰く「カメラを向けているからだと思うよ。私を写さないでってことと違うかな」と言うことでした。そう言えばこちらの御本尊の庚申さんはとってもシャイなんだと聞いていたっけ…。

    つまり、御本尊の庚申さんは鳴らないはずがないと思っている私に鳴らないこともあるということを教えてくださった、とも言えるわけでと言うことは、あの時確かに御本尊の庚申さんは、居らしたのですね。

    もの凄い体験をさせていただきました。今のところ、体調不良はありませんので、鳴釜を通じて交信してくださったと思います。
    (31歳女性)

    「なりかま」の模様は動画でアップしています。

    「なりかま」の模様はこちらから

    「本尊庚申鳴釜神事例祭」鳴釜体験談(至平成24年10月26日)

    先日、鳴釜神事を行った時にご参加になった交野市の森島さまからご感想をいただきましたので、ご本人の許可をいただき掲載いたします。

    森島様は以前にも鳴釜神事に参加されていますので今回で二度目になります。森島様は釜が鳴らないことも目の前でご覧になっていますのでもし今回、鳴らなかったらどうしようと不安を抱えてお越しになりました。

    森島様は、子宮の全摘手術を行うことになっておられ、その摘出した子宮の組織を調べてもしも、悪性のものであったらということで神事に臨まれました。

    幸い、釜の音は小さくなったものの、音が消えることはなかったので体調は確かによくないけれども、悪性のものではないだろうと判断されました。

    12月にはまた、鳴釜神事にお越しになると言って安心したお顔で帰って行かれました。

    子宮の全摘手術自体、心身ともに大きな負担となるものですが、次回にお会いするときはお元気になられていることでしょう。
    金剛寺 住職より


    「本尊庚申鳴釜神事例祭」鳴釜体験談(至平成24年8月27日)

    「なりかま」とは、60日に一度めぐる庚申の日に金剛寺の本尊「青面金剛王(庚申様)」尊に、病気平癒・厄除け祈願・婦人病・恋愛成就などの祈願を大般若経六百巻の経典を使い、ご祈祷をします。その時に釜が鳴るか鳴らないかで吉凶を知ることができます。

    写真右の釜にお米を入れてお経を唱え、青面金剛王(の気)が入ると釜から重低音の音が鳴り、部屋中に振動が伝わります。
    ご住職から、前日夜まで釜の音が鳴ることはなかったと聞いていたのですが、今回の体験時では音が鳴り響きました。そのあとはご住職が釜を持って一人ずつ体の悪いところに向け、ご祈祷をしてくださいます。私は首をしてもらいました。相変わらず釜は大きな音で鳴っていました。

    ご祈祷が終わると先に入れたお米と庚申尊御影のお札を頂くことができます。このお米も炊飯器に入れて炊いて食べることができます。お札は玄関に置くと厄除けになり、枕や布団に敷いて眠ると病気の治癒になるとされています。

    この鳴釜神事が終わった後、お寺の門をくぐった直後に、お仕事の電話が入ったのですから「ひょっとしてもの凄いご利益がある神事かも…」とちょっとびっくりの出来事でした。その後も臨時収入や仕事が増えて大喜びです。ありがとうございました。
    (38歳男性)

    上記のようにとても嬉しいご感想をいただいています。今後も60日に一度は鳴釜神事を執り行っていく予定ですので、日程等はお問い合せください。
    金剛寺 住職より

    「なりかま」の模様は動画でアップしています。

    「なりかま」の模様はこちらから

    平成30年度 年間行事

    1月28日(日) 14時より
    初本尊庚申鳴釜神事例祭

    2月6日(火) 14時より
    初弁財天尊鳴釜神事例祭

    4月8日(日) 15時
    笑いで開運!金剛寺らくごの会

    4月29日(日) 13時・14時・15時
    本尊庚申青面金剛尊大般若法要大祭

    8月15日(水)10時・11時 ・12時・
    13時・14時・15時
    盆供施餓鬼法要

    12月9日(日)13時・14時 ・15時
    出世大黒天尊杓文字大般若祈願祭

    鳴釜(なりかま)について

    「なりかま」とは、「本尊庚申鳴釜神事例祭」のことを云い、60日に一度めぐる庚申の日に金剛寺の本尊「青面金剛王(庚申様)」尊に、病気平癒・厄除け祈願・婦人病・恋愛成就などの祈願をご祈祷をし、その時に釜が鳴るか鳴らないかで吉凶を知ることができます。

    また、開運効果もあり、嬉しいご感想をいただいています。今後も60日に一度は鳴釜神事を執り行っていく予定ですので、日程等はお問い合せください。

    【鳴釜でのカセットコンロ使用について】堂内での火の取り扱いはカセットコンロが安全性と火力に一番です。正式にはカマドですが、現在の建物では無理です。尚、この鳴釜では火力が問題ですし、肝心な湯の沸きあがりがあれば良いので、マキであろうとコンロであろうと関係ないのです。

    「なりかま」の模様は動画でアップしています。

    「なりかま」の体験談はこちらから

    「なりかま」の動画はこちらから